佐伯湾 第二はま丸 釣行日誌

大分県佐伯湾のボートフィッシングに関する情報をお届けします。たまにはコアな情報もチラリと流したいと思います。お楽しみにどうぞ。

佐伯湾でケンサキイカつり2

8月25日(金)の釣行です。18時出船、23時納竿のスケジュールで釣行してきました。

 

 

港からポイントまでおよそ30分航行します。現地は豊後水道本流域の少し手前、水の子灯台西方沖。当日の潮は干潮15時18分、満潮21時25分となっています。

海洋情報研究センターMIRC潮流予測によると、本流域の潮変わりが23時30分頃となっていますので、佐伯市長島の潮汐とは2時間程度のずれがあることがわかります。

 

このずれも大まかに頭に入れておきながら、釣行を開始しました。当日は干潮からの釣行、上げ潮での釣行となります。豊後水道本流域は上げ潮は北西方向へ最大で2ノット程度、下げ潮は南東方向へ同じく最大で2ノット程度の速さで流れます。私が釣行したポイントはおおむね最大で1~1.5ノット程度で流れます。当日は北の風日中南の風という予報でした。釣行時はほとんど風がなく凪いでおり、パラシュートアンカーは開いていますが、ほぼ、潮流なりの流し釣りとなりました。

 

乗船者は船長含む3名。私ともう一人は8連の浮きスッテによるヤマ仕掛け、もう一人は鉛スッテを使用したいわゆるイカメタルというやつで臨みます。ヤマ仕掛けの長さは20m強になります。タナを広範囲に探れるのがメリットです。仕掛けが長いので手返しよく絡まないように投入、回収するよう留意します。明るいうちはボトム付近を中心に狙っていきます。集魚灯を点灯後、ベイトが集まってきたら、イカの棚も通常は上がってきますので、イカの棚に合わせて仕掛けの高さを調整していきます。

 

19時過ぎに集魚灯を点灯しました。灯火に誘われて、ベイトが集まってきます。時々トビウオやヤガラなども見かけます。

日が落ちて、しばらくするとポツポツとあたりが出始めました。

あたりは出始めましたが、連続ヒットとはなかなかいきませんでした。

 

 

 

 

釣行の中盤以降は船の周りにシイラが群れてきました。

これが直接的な原因だったかはわかりませんが、その後イカのあたりは減り苦戦を強いられます。同船者のかたが、ジグでシイラを捕りました。シイラの活性は非常に高く、ジグに好反応を示しておりました。

 

その後数杯追加して、23時に沖上がりとしました。

 

他船の状況や、遊漁船の情報でもシイラの群れに悩まされたとのことです。

日によって釣果にばらつきがあるようです。

佐伯湾でのケンサキイカ釣りはまだもうしばらく楽しめそうですが、釣り具屋さんの情報によると、時期が下がるにつれてポイントが徐々に沖合のほうに移動していくそうです。

 

好釣果に恵まれるかわかりませんが、もうしばらくがんばってみようと思います。

プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。
当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。