佐伯湾 第二はま丸 釣行日誌

大分県佐伯湾のボートフィッシングに関する情報をお届けします。たまにはコアな情報もチラリと流したいと思います。お楽しみにどうぞ。

パラシュートアンカー 直径3m編 佐伯湾 第二はま丸 ヤマハYF-23EX

 

私は流し釣りでは、風速の状況に応じてパラシュートアンカーを使います。

私が使用しているパラシュートアンカーは藤倉航装㈱さんのラックアンカーFB-3です。パラシュートの直径は3mです。これに曳索が約10m、引き揚げロープが約15m付いています。ブイ直径は約18cm、オモリは500gとなっています。

メーカーサイトによると、適用は22〜27フィート艇となっています。一方、ヤマハYF-23EXは、全長7.5m、24フィート7インチです。よって、このパラシュートアンカーの適用範囲に収まっていることになります。

 

私の使用方法ですが、まず狙うポイントを確認したのち、その風上にボートを入れます。そして、クラッチを切って、行き足がなくなってから、航跡を見ながら、ボートの流される方位を確認します。その後、再度ボートを入れ直します。

ここで考慮することは、ボートは概ね先程の航跡と平行に流れて行くということです。なので、再度ボートを入れ直す際に、狙うポイントの風上、かつ、先程の航跡の平行線上の位置に来るよう操船します。風上にうまく入ることができたら、再びクラッチを切って、行き足がなくなってからパラシュートアンカーを投入します。

 

オモリと本体を先に投入します。次にブイを投入します。そして、曳索を投入していき、本体を潮流に馴染ませます。それから釣り開始という感じです。

 

一発でピンポイントに狙って行くのは難しいので、風と潮の流れを考えながら、2流し、3流しと徐々に修正していきます。

 

藤倉航装㈱さんのパラシュートアンカーは潮馴染みがよく、よく効きます。キャリーバッグも付属しており、収納、可搬性も良いです。サルカンもステンレス性で錆びにくく、非常に丈夫な作りになっていますので、おすすめできる製品です。

 

 

プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。
当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。