佐伯湾 第二はま丸 釣行日誌

大分県佐伯湾のボートフィッシングに関する情報をお届けします。たまにはコアな情報もチラリと流したいと思います。お楽しみにどうぞ。

一つテンヤで真鯛釣り

 

9月24日(日)の釣行です。一つテンヤで真鯛を狙って来ました。

 

一つテンヤ釣りとは、 錘に打ち込んだ針にエビ餌を付けて釣る釣り方です。

「一つ」というのはどういう意味かということですが、通常、というか、元来、テンヤ釣りはビシヨマの先にテンヤを付けて手釣りで釣る釣り方、または、中錘を使用してその先にテンヤを付けて釣る釣り方です。

それを、0.8号程度の細いPEライン、3号程度の細いショックリーダーの繊細なタックルを使って、テンヤ一つで釣りが成立するよう考案されたのが、一つテンヤ釣りということになります。千葉県外房大原がこの釣法の発祥の地です。

 

佐伯湾で、一つテンヤは難しいです。また、あまりメジャーではありません。

 

例えば、有名な千葉県外房大原ではポイントが広大に広がっており、かつ、比較的浅いため、繊細なタックルで広範囲に探っていくという釣り方ができるのだと思います。

 

一方佐伯湾はポイントが割と狭く、水深も比較的深い場所が多いため、一つテンヤの繊細なタックルでは、仕掛けが着底するまでに時間がかかり、狭いポイントで、底をとって、誘って、あたりを待つというのを繰り返すのはなかなか簡単ではありません。

 

佐伯湾でテンヤ釣りが全くできないかと言われるとそうではなくて、ビシヨマを使って手釣りで釣る方法は従来からあります。

 

この、ビシヨマを使った、手釣りを、ゲーム性、レジャー性の向上という観点から考案されたのが、一つテンヤ真鯛釣りになります。ゲーム感覚、レジャー感覚は高まる半面、条件によっては釣りにくい、結果の出しにくい釣法です。

 

本日の佐伯湾は台風18号通過後1週間。まだまだ台風の影響が残っています。あちこちに流木や漂流ゴミが浮遊していました。航行には気を使います。

 

6時に出航し、12時頃帰港しました。上げ潮での釣行、長島での満潮時刻は9時20分、旧暦8月5日。

 

まだまだ台風の影響でしょうか。ベイト反応も少なく、いい結果は出せませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。
当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。