佐伯湾 第二はま丸 釣行日誌

大分県佐伯湾のボートフィッシングに関する情報をお届けします。たまにはコアな情報もチラリと流したいと思います。お楽しみにどうぞ。

エギングタックルメモリアル SHIMANO Sephia CI4(シマノ セフィア)C3000S編  佐伯湾第二はま丸

皆さんこんにちは。第二はま丸船長です。佐伯湾ですが、ここ二週間連続で台風が接近しています。従って、今週末も出船は見合わせました。今回の台風22号は直接は佐伯市に影響はなさそうな情勢ではあります。油断はできませんけれども。

 

マリーナさんのアドバイスもあり、今回は台風ドックはしていません。

 

先日エギング釣行してきた話題に関連して、今日はエギングタックルについての話題です。

 

エギンガーのみなさんはそれぞれ拘りを持って、あるいはいろいろと試行錯誤を重ねながら、タックルについての方向性を定めていることと思います。またはその途上にあり、答えを模索しているという人も多いのではないでしょうか。

 

私の中で一つの答えとなっていることがあります。それはタックルの絶対的な軽さとタックルの重心位置です。

 

エギングはイカが掛かるのを待つ釣りというよりは、イカをこちらから能動的に掛けに行く釣りです。その能動性・積極性を担保するために道具の軽さというのはどうしても必要不可欠な条件となります。道具の軽さは感度の良さに直結していきます。エギに受ける微妙な潮流の変化、エギが着底したときの感触の違いによる底質の状況の把握、イカがエギに触れた感触など、これらを鮮明に伝達するためには、道具の軽さが重要なファクターとなってきます。

 

そして、タックルの軽さと同時に重要なのが、タックルの重心位置です。この重心というのが非常に重要でして、いくら軽いタックルを使っても重心位置が竿をグリップする位置からずれてしまうと、持ち重り感が出てしまい、タックルの軽さを十分に生かすことができなくなります。竿をグリップする位置で重心がとれるようなタックル設定にすることがとても重要です。

 

上記の条件を満たしてくれる、私が長年愛用しているエギング用のリールがこちら。

SHIMANO Sephia CI4 シマノセフィアCI4  C3000S。

自重 190グラム。

 

CI4とはなんぞやということになると思います。

取扱説明書を引用すると、C:Carbon(カーボン)、I:Interfusion(混合)、4:カーボン原子の価電子数を略したもの、すなわちカーボン繊維で強化した新材料の名称です、とあります。

 

シマノさんは主に、バイシクルコンポーネント事業、釣具事業を展開されており、2017年6月末現在のファクトシートによると、連結売上高構成比は自転車部品部門が79.2%、釣具部門20.7%となっていました。

 

2003年からロードレース用自転車パーツの最高峰「デュラエース」のギア部分にこのカーボン新素材を採用しており、軽さと耐久性能の実績を高く評価されているということです。(取扱説明書より)

 

そして、自転車部品に採用された技術が釣具にも生かされています。

 

このカーボン新素材がセフィアのボディ、ローターに採用されており、従来のリールに比べて、大幅な軽量化が図られ、自重190グラムを実現しています。

 

なお、現在、このモデルは、2017NEW セフィア CI4+となっております。CI4の軽さはそのままに強度をさらに向上させたCI4+をボディ、ローター、ハンドルに採用しています。自重は185グラムまで軽量化されました。

 

他社のエギング用リールを見てみると、現在でも軽いもので自重は概ね205グラムとなっています。

 

従って、セフィアCI4の軽さは群を抜いていると言っていいでしょう。

この軽さが私の中で、エギングの繊細さ、面白さを増長させ、エキサイティングな釣りにしてくれているのは紛れもない事実であります。

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。
当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。