第二はま丸釣行日誌

ボートフィッシングに関する情報をお届けします。

アジングロッドでティップランエギングはできるのか。そして、アオリイカは釣れるのか。検証編その2 若干本題から逸れます。 佐伯湾第二はま丸

 

皆さんこんにちは。第二はま丸です。ごアクセスありがとうございます。

今日は前回の続きですが、まだ、実釣編ではございません。タックルセッティングについてご説明させていただきたいと思います。

まずロッド。 

ロッドは前回記述の通りです。使用するロッドはソリッドティップの竿とチューブラートップの竿2本。 

 

がまかつ ラグゼ コーストラインAJ S610ML

ダイワ 月下美人 68UL-T

 

 

次にリール。

リールは シマノ ステラ 2500S。だいぶ旧モデルですが。

メインラインはPE0.4号。強度は約8lb。

リーダーはフロロカーボン1.75号。強度は約7lb。

そして、リーダーとメインラインをノーネームノットで結束。

ノーネームノットの強度は80~90%と思います。

したがって、ラインシステムの強度は約5~6lb。

ということで、かなり繊細なタックルセッティングにしてみました。

うーん。少し華奢すぎますか。

 

ラインは細いほうが潮の影響を受けにくいとされています。

通常エギングでは0.6~0.8号のPEラインを使うことが多いと思いますが、アジングタックル流用ということで、0.4号ラインを使ってみました。

 

これで試してみたいと思います。

 

つづく。

 

プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。
当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。