第二はま丸釣行日誌

ボートフィッシングに関する情報をお届けします。

鯛ラバするときはリーダーの先にサルカンを付けて。その先にさらにリーダを付ける。これでリーダーの交換が容易に。

 

こんにちは。第二はま丸でございます。

週末は、鯛ラバの予定でした。しかし、はやり風が、北西風が吹き荒れておりまして、厳しい状況でございます。

 

 

 

 

今日は鯛ラバにおける、ちょっとした工夫、本当にちょっとした工夫ですが、紹介します。

 

鯛ラバはリーダーに直結します。なので、リーダーが擦れるなどして損傷した場合はその部分をカットして、再度、鯛ラバを結び直すということになります。さらに、鯛ラバを交換するたびにリーダーをカットして、結び直していきます。すると、リーダーはどんどん短くなっていきますね。

 

そこで、私はいつもリーダーにサルカンを付けて、その先にさらにリーダーを結ぶようにしています。こうすると、サルカンの先のリーダーだけ交換すればよいことになります。

 

 

私のラインシステムは、

リール  →  道糸PEライン0.8号  →  リーダー フロロカーボン 3.5号 ノーネームノットで接続 3ヒロ程度  → サルカン クリンチノットで接続  → リーダー フロロカーボン 3.5号 1m程度 → 鯛ラバ直結 クリンチノット等で接続

 

この鯛ラバの上部にある1m程度のリーダーをこまめに交換しながら使用しています。

こうすることでラインの損傷に起因するラインブレイクを低減することができ、かつ、リーダーの長さは常に一定以上確保できるわけですね。

 

ラインブレイクで大物を逃すことほど悔しいことはないです。

だから、リーダーの損傷は常に監視しておく必要があります。

 

 PEラインとリーダーはノーネームノットで接続しています。簡単に、かつ、しっかり組めます。非常に強力なノットですね。これまで接続部分で破断したことはないと記憶しています。

 

このほかにFGノットで組んでも同程度以上の強度が出ます。どちらでもよいです。

 

リーダーとサルカンの接続部分の様子。

 

ちょっとしたことですが、お勧めの方法ですので試してください。

 

プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。
当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。