第二はま丸釣行日誌

ボートフィッシングに関する情報をお届けします。

給油方法を考える。キレイな燃料を入れるために。

こんにちは。第二はま丸です。

先般、F25A船外機におけるキャブレターのオーバーホールについて触れました。

 

www.dainihamamaru-saiki-oita.com

 

船外機艇の給油は、ガソリン携行缶ですることが多いですよね。携行缶は鉄製です。したがって、缶の内部に錆びが生じることがあります。さらに、この錆びが給油時に燃料タンクに混入することがあり、燃料フィルターやキャブレターのホースの目詰まりの原因になりえます。給油は異物が混入しないよう慎重にすることが大事です。

 

 そこで私は、給油時、燃料を携行缶から直接給油口に注ぐのではなく、ろ過器を通して行うことにしました。

 

 このようなものが市販されています。ファンネル型燃料フィルター。ファンネルというのはfunnel、漏斗、ジョウゴという意味ですね。

 

漏斗の中央部にステンレスのフィルターが付いています。写真中央部の緑色に見える部分がそれです。

この製品の網目の寸法は正確にはわかりませんでしたが、類似品では0.127mmとなっていましたのでそれと同程度かと思います。比較的大きめの異物は取り除くことができそうです。

ちなみにヤマハF115A船外機を搭載したヤマハYF-23EXの場合、燃料タンクの流出側とエンジン内部に燃料フィルターが設置されています。これらの網目は10マイクロメートル程度です。ということはこのファンネル型燃料フィルターは127マイクロメートルということで、エンジン内部の燃料フィルターに比べかなり粗目なわけです。127マイクロメートルでどの程度異物が除去できるかわかりませんが、今後使用して様子を見ていきたいと思います。

 

プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。
当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。