第二はま丸釣行日誌

ボートフィッシングに関する情報をお届けします。

ルアーとライン。結び方はどれがいい?クリンチノット?パロマーノット?ブリンソンノット?イモムシノット?結び方を紹介していきます。

 

こんにちは。第二はま丸です。先般同船者のバラシについて書きました。

 

www.dainihamamaru-saiki-oita.com

 

メタルジグとショックリーダーをイモムシノットで結束していました。推定8kgとのことでした。結束部分が破断しバラしてしまいました。

結束方法を確実にマスターしておかないと悲しい結果になってしまいます。

今日は、私が普段使っている結束方法を紹介していきます。ぜひ、マスターしてください。

 

目次

 

 

 

わかりやすいように、ルアーに見立てたぬいぐるみとロープを使用して説明していきます。

 

 

まずは、クリンチノット。オールマイティ。

簡単で強力。筆者も愛用しているノットです。

 

アイにラインを通します。

 

このように巻き付けていきます。

3回から5回巻き付けたら、

 

ここに通します。

 

最後にここに通して、

 

 

引き締めて完成。

 

最初のアイに通すところを二重にすれば、

ダブルクリンチノットとなります。

 

筆者はたいていの場合、このノットで結束しています。これまで魚とのやりとりで破断したことはないです。

 

次にパロマーノット。大物用の基本。 

 簡単で強力。すっぽ抜けることのないノットです。

 

 

リーダーをダブルラインにしてアイに通します。

 

 

ここに通します。

 

ワンちゃんにくぐらせて、

 

引き締めて完成。簡単!抜けません。

 

 

お次は、ブリンソンノット(ハングマンズノット)。素早い。強力。

慣れると、アイにリーダーを通し、ルアーをリーダーにぶら下げた状態でクルクルッと素早くできます。

 

リーダーをアイに通して、

 

このように巻き付けていきます。

 

6回巻き付けたら、

 

ここに通します。

 

引き締めて完成!

 

 

最後にイモムシノット。根擦れ、歯の鋭い魚に強い。大物狙い。

簡単で強いです。ハーフヒッチ何度もかけていくのがキモ。少し時間がかかりますが、大物狙いには良いノットです。

 

 

ダブルラインをアイに通します。

 

 

このようにします。

 

このあとはハーフヒッチを上下交互にかけていきます。まずは上から。

 

次は下から。このように交互にハーフヒッチです。ひたすら繰り返します。

 

このように仕上がりました。10回ほどハーフヒッチをかけています。

 

ハーフヒッチの回数ですが、たくさんかけたほうが良いです。前回記事の同船者の人は、ハーフヒッチの回数が足りなかったようで、抜けが生じていました。

 

いかがでしたでしょうか。簡単かつ信頼度の高いノットを紹介していきました。しっかりマスターして、大物を獲り逃さないようにしましょう!

 

それでは。

 

 

 

 

プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。
当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。