佐伯湾 第二はま丸 釣行日誌

大分県佐伯湾のボートフィッシングに関する情報をお届けします。たまにはコアな情報もチラリと流したいと思います。お楽しみにどうぞ。

アジングロッドでティップランエギングはできるのか。そして、アオリイカは釣れるのか。検証編その1 佐伯湾第二はま丸

 

皆さんこんにちは。第二はま丸船長です。いつもご覧いただきありがとうございます。

 

九州から発信させていただいております。九州も師走、冬本番、本当に寒くなりました。昨日の朝の室外気温は2℃。冷え込んでいます。海況ですが、冬場、鶴見半島の北側は北風の影響を非常に受けやすいです。昨日も強風波浪注意報が発令されており、波高1.5mの予報となっておりました。昨日は他の予定もありましたので出航は見合わせています。

 

さて、今日はアジングロッドをティップランエギングに流用できないか検証していきたいと思います。

 

ティップラン専用ロッドがあればこういった検証も必要ないのですが、ティップラン専用ロッドを買うお小遣いがなーい、というわけで、長さ、調子が近似しているロッドを代用できないか検証してみたいなと思ったのが動機です。

 

ティップランエギングに代用できそうなロッドというと、長さ、調子が近似している鯛ラバロッド等が考えられます。

 

しかし、鯛ラバロッドや船用ベイトロッドはベイトリール用に設計されています。

よって、ティップランエギングで使用するスピニングリールをベイトロッドに装着して使用するのは若干難あり、となります。

 

 

具体的には、ベイトロッドのバットのガイド口径がスピニングロッドのそれに比し、小口径であることが挙げられます。このため、スピニングリールでのキャストに適さないということです。まったく使用できないかというと、ティップランエギングでフルキャストをする場面はほぼないので、そういうことはないと思いますが。

 あと、ベイトロッドにはリールシートにトリガーが付いており、スピニングリールを装着して使用するにはこのトリガーが邪魔になります。

 

ということで、ベイトロッドにスピニングリールを装着してティップランエギングをするということはやめて、他のスピニングロッドでティップランエギングにチャレンジしてみることにしました。

 

そこで考えられる竿は何かなと考えます。

すると、アジングロッドが候補に挙がってきました。

アジングロッドというと、長さ6フィートくらい、先調子、チューブラートップ若しくはソリッドティップの竿。

  

今回検証用に使用したロッドは2本。

 

がまかつ ラグゼコーストライン AJ S610ML 6フィート1インチのソリッドティップの竿

 

 

ダイワ 月下美人 68UL-T 6フィート8インチのチューブラートップの竿

 

 

 

いずれのロッドも著名な釣具・ロッドメーカーさんのロッドでございます。

この2本を使って、ティップラン釣行をしてみたいと思います。

 

ただ、アジングロッドは1gとか2gとかの極軽量のジグヘッドを取り扱う竿ですので、果たして、30〜40gのティップラン用のエギをうまく扱えるのか。というところですね。

 

つづく。

 

プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。
当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。