Club HM Anchor Monitor

ボートフィッシングに関する情報をお届けします。

F115A船外機。スパークプラグを交換する。意外と簡単!プラグレンチは5/8インチ(16mm)長さは15cm欲しい。これ必須です。発航前検査は船長の義務。

こんにちは。平成28年7月に、船長の発航前の検査義務違反は行政処分の対象となりました。船長は、発航前に所定の検査を実施しなければなりません。具体的には、船体の状態やエンジンの状態、救命設備等に異常がないか、発航前に確認する必要があります。我々サンデーボートアングラーは、船外機の整備を専門的にできる人はあまり多くはいないと思いますが、船長として、最低限の日常のメンテナンスはできるようにしておかなければなりません。

 

そこで、サンデーボートアングラーを名乗るなら、このくらいはできないとネッ!ということで船外機のスパークプラグの交換について記事にしてみました。

 

スパークプラグとは

スパークプラグとはその名のとおり、sparkさせるプラグです。エンジンのシリンダ内の混合気を発火させるための部品になります。こんな感じのやつ。

 

ヤマハF115A船外機には純正として、日本特殊陶業(株)のLFR6A-11が搭載されています。

4気筒ですから、4本必要です。

 

 

必要な工具

スパークプラグの交換方法そのものについては様々なサイトで紹介されているようですので、今日は必要な工具についてまとめてみたいと思います。適切な工具を選択することで快適に交換作業を行うことができます。

F115A船外機のスパークプラグの交換を快適に行うために必要な工具は、ラチェットハンドル、プラグレンチ、エクステンションバー、プラスドライバーです。

 こんな感じ。

 

ラチェットハンドルは3/8インチ(9.5mm角)です。

 

エクステンションバーは同じく3/8インチ(9.5mm角)、長さは150mmです。

プラグレンチは5/8インチ(16mm)を用意します。

 

これらを接続します。

 

スパークプラグはエンジンの少し奥まったところにありますので、このくらいの長さが必要になります。

 

プラスドライバーも長めのものを準備してください。これは150mmのものです。スパークプラグの上にプラスチック製のカバーが付いており、5本のビスで固定されています。このカバーを外すのにプラスドライバーが必要です。

 

 

 スパークプラグの上に付いているカバーを外した状況です。

プラグキャップが1番から4番まで付いています。これを外して、先ほどの工具でスパークプラグを交換します。

 

 

交換前のスパークプラグです。黒ずんでいるのがわかります。

 

締め付けトルク25N・mです。概ね1/2~2/3回転ほど締め付けます。

4本とも交換して無事完了。少し長めの工具を準備することで、快適に作業を行うことができました。参考にしてください。

乗っ込み真鯛を鯛ラバメインで狙っていく。

こんにちは。乗っ込み真鯛の季節になっております。専ら、鯛ラバで真鯛を追いかけている筆者です。当日は中潮、旧暦18日。下げ潮での釣行でした。水温は15℃ほどで推移しています。早朝は肌寒いですが、日が昇ると暖かく、ジャケットを着ようか迷うところです。厳寒期、深場に落ちていた真鯛は、春先になると産卵のために浅場に集まってきます。この浅場に集まってきた真鯛を狙うのが乗っ込みの鯛ラバです。ポイントを絞り込んでいくと、良型が狙え、かつ、数が出ます。

タックル構成を紹介します。

ロッド シマノ炎月SS B610 MH-S 

リール シマノ炎月プレミアム 150 PG

メインライン PE0.8号 16lbs

ショックリーダー フロロカーボン 3.5号 14lbs

ヘッドとスカート・ネクタイはその時の状況に応じ、どんどんローテーションしていきます。

ショックリーダーと鯛ラバのフックはクリンチノットで直結しています。クリンチノットで直結していますので、フックを交換するとき、ショックリーダーが徐々に短くなっていくのですが、これを防ぐため、筆者はリーダーの末端にサルカンを接続し、その先にさらに1mほどリーダーを接続するようにしています。この、1mのリーダーにフックを接続することで、ショックリーダーそのものが短くなることはありません。末端の1mのリーダーは傷ついたら即交換します。

 

ポイントに入って、1流し、2流しと流していきます。釣れるタイミングみたいなのがあって、タイミングが良いと続けてヒットすることがあります。

 

少し小ぶりですが、美しい春の真鯛です。

乗っ込み本番に近づいてきました。

ヤマハF-115A船外機  エンジン警告灯 エラーコード18 スロットルポジションセンサー

 

こんにちは。春らしい暖かさになってきました。乗っ込み真鯛のシーズンですね。

さて、今日は船外機の不具合についての話題です。
筆者のヤマハF-115A船外機ですが、先般航行中、エンジン警告灯が点滅しました。
航行中、エンジン回転数を下げていくと、若干ハンチングのような挙動を示すようなことがありました。その後、エンジン警告灯が点滅し始めたものです。
点滅の様子を観察してみると、エンジンのマークが1回点滅し、その後、8回点滅するというのを繰り返していました。

 
エンジン警告灯は何の異常を示しているのでしょうか。調べてみました。
日本語のWEBサイトでは有用な情報が出てきませんでした。
google で yahama outboard fault 等で検索するとエラーコードの一覧表がでてきます。これを良く見てみます。
最初の点滅は1回、次の点滅は8回でしたのでエラーコード18を示していることになります。エラーコード18の部分を見てみると、Incorrect Throttle Position Sensor Signal とありました。これはスロットルポジションセンサーの何らかの異常を示していることになります。スロットルポジションセンサーとは、スロットル開度を検知するセンサーのことです。これに何らかの異常があるようです。マリーナさんにも問合せました。同じ回答でした。次回整備時に確認してみることにします。

 

乗っ込み序盤のタイラバ釣行。

こんにちは。乗っ込みの季節になりました。タイラバです。水温は15.5℃ほど。真鯛はこの時期、産卵のために浅場に移動してきます。この浅場に移動してきた真鯛を狙います。

f:id:atum8106:20190317165228j:plain

朝方はまだ寒いですが、日が昇ると暖かいですね。いい季節になりました。

釣れる時間帯と釣れない時間帯が割とはっきりと別れます。

フィッシンググローブ。結局、ホームセンターで売っている防水手袋が最強なのです。

こんにちは。フィッシンググローブ。必ずしも必要となるものではありませんが、ケガ防止のため、防寒対策にと、あれば重宝します。アウトドアメーカー、釣り具メーカーから様々な種類のものが販売されており、それぞれ特徴があります。

 

 

これまでいろいろ試してきました。結局落ち着いたところはコレです。

スマートフォンのタッチパネルの操作もできます。

 

安いですが、割と丈夫にできています。

ボートフィッシングでは、手が濡れるシーンが多数あります。魚をランディングするとき、アンカーロープを手繰るときなど。防水仕様でない手袋はすぐに水分が浸透して気持ち悪いです。ということで防水性能は必須。指の部分がないものも同様の理由で適しません。

また、ハードな環境での使用となりますので、破損するということが時々起こります。なので、筆者は安価で丈夫なものを使用しています。あくまで消耗品、破れたら新品に交換するという具合です。

 

厳寒期のタイラバ。狙うべき水深はどの辺になるのでしょうか。

こんにちは。鯛ラバ釣行です。沖合では水温15.2℃。乗っ込みのシーズンまでもう少しというところでしょうか。厳寒期には、真鯛は水温の安定している深場に落ちるとされています。実際には、傾向として深い場所で釣れる個体が多くなるということであり、浅いところで絶対に釣れないというわけではありません。日によって、浅いところで釣れる場合もあるし、深いところで釣れる場合もあるのです。ですので、釣行日の状況を見ながら、深場で釣れないときは浅場に移動する、浅場で思わしくない時は深場へ移動するなど、同じ日でも、浅いところ、深いところを攻め分けることで、釣果に結び付くことが多いように感じています。他の釣りでもそうですが、先入観にとらわれることなく色々試してみるのが一番良い方法なのではないかと思います。本当にその場所で釣れるのかどうかは、自分で試してみない限りわからないのです。

 

当日は干潮付近からの釣行でした。魚探には釣果の期待できそうな地形が映っていました。ところがその時ちょうど潮止まり付近であったため、そのポイントでは釣果は得られませんでした。他のポイントを周って、転流したタイミングで再度このポイントに入れてみました。当地区では比較的深場のポイントになります。

良型の真鯛でした。

 

さらに、ボートのトレースラインを少しずつ変更しながら攻めていきます。

良型のウッカリカサゴが揚がりました。

 

珍しいゲストも来ました。

ヨコスジフエダイです。

 

今日は深場のポイントに軍配が上がったようです。

それでは。

コマセ真鯛で真鯛を狙う。鯛ラバとの違い。

こんにちは。コマセ真鯛してきました。当日は中潮、旧暦13日、6時頃満潮でした。水温は14.5℃です。大型の真鯛は、水温が低下するこの時期、沖の深場のほうに移動するとされています。筆者がコマセ真鯛で選定するポイントは概ね40m前後の水深となっています。浅場での釣行になります。浅場でのコマセ真鯛は、季節、水温にさほど影響されず、中小の真鯛が比較的安定して釣れるという印象です。

 

下げ潮が効き始めました。

ちょうど良いサイズの真鯛でした。

この時期、湾内の浅場のポイントでは、水温の低下とともに鯛ラバでの釣果が厳しい状況となっています。コマセ真鯛では比較的安定して釣果を出せますので、コマセ真鯛真鯛を狙うのも一つの趣があります。

プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。
当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。