Club HM Anchor Monitor

ボートフィッシングに関する情報をお届けします。

SLJスーパーライトジギング釣行。手軽でスリリング!しかも釣れる!

こんにちは。台風10号が去りました。再び、穏やかですが、暑さの厳しい日々が戻ってきました。

 

さてさて、またまた、SLJ釣行です。スーパーライトジギングは、ライトジギングより、さらに軽量なタックルで行うジギング全般を指します。青物、真鯛はもちろん、アジ、イサキなども狙え、スリリングなやりとりが楽しめる、近年、大注目の釣法でございます。

 

今回のタックルは、

ロッド SHIMANO 炎月 一つテンヤマダイSS 240MH

リール SHIMANO ツインパワーC3000

PEライン 1.0号

ショックリーダー 3.5号

メタルジグ 40g~60g

 

ロッドは一つテンヤマダイ用のスピニングロッドを代用しています。ロッドの長さは一般のSLJロッドとされるものに比べ、少し長いです。炎月一つテンヤマダイSS240MHの長さは2.4mです。

 

一般のSLJロッドと比較してみましょう。

ダイワ ブラスト SLJエアポータブル 1.91m

 

シマノ オシアジガーLJ S65-0/FS 1.96m

 

メジャークラフト クロステージマイクロ S742/T 2.2m

 

ワンピッチジャークのし易さという点においては、1.9m程度の長さがちょうどよいと思います。あとは、慣れで使用者が道具にアジャストしていくというのがよいですね。筆者は炎月のバットからティップにかけてのしなやかさが気に入っていますので、特に専用ロッドなるものは所有しておりません。

 

 

では、実釣。

明らかにベイトの群れが入っているという場合は、GPS魚探でベイト反応を探索していきます。

カタクチイワシの群れを見つけたら、チャンス。

下のようにベイト反応の風上、潮上にボートをセットして、①、②、③と流していきましょう。

 

 

魚探の画面には大きな群れの反応が映ります。イメージとしてはこんな感じです。

水深35mの海面付近から海底付近まで、ベイトがビッシリということがよく起こります。絶好のチャンス。大群の横にはフィッシュイーターらしき反応が出ることもあります。

 

群れの中にメタルジグを通していくイメージで誘っていきます。

例えば、ベイト反応の下から上までタダ巻きで。

 

 

海底付近を丹念に探る。

 

 

ワンピッチジャークで誘う。

 

 

誘い方に変化をつけて、釣れるパターンを探っていくとよいと思います。

筆者は、まずはタダ巻きで上から下まで、すばやくチェックしていくようにしています。反応がなければ次の誘い方へ移行するという具合でしょうか。愛用しているメジャークラフトのジグパラですが、タダ巻きでもしっかりとウォブリングします。これが絶妙な誘いになっているようで、タダ巻きで好釣果が出ることが多いです。

 

ただ、不思議なものでベイト反応がでていても、まったく釣れないということもしばしば起こります。時間帯、潮、水温の変化など、複数の要因が複雑に絡みあってそのような状況に陥るのだとは思いますが、これを正確に予想するのは至難の業です。

ベイト反応がでていても釣れないというときは、とりあえずその位置は覚えておいて、条件が変わったときに同じポイントで試してみるというのも一つの手かもしれませんね。

 

 

 

さて、当日の獲物は、

 少し小ぶりですが、マダイでした。ライトタックルですので、このくらいのマダイでもかなり楽しめます。このほかイトヨリダイなども掛かりました。マアジが本命のつもりでしたが、当日は不調に終わりました。

 

ヒットルアーは、ジグパラ40gです。

 

 

手軽で楽しい釣り、スーパーライトジギングの話題でした。

これからも、全国的に盛り上がっていくのではないかなあと思います。

それでは。

 

 

夜釣りでケンサキイカを狙ってみよう。

こんにちは。台風9号、10号と連続して発生しています。要警戒ですね。

さて、こちらでは、本格的にケンサキイカ釣りシーズンとなってきました。

 

 

ケンサキイカ釣りではスッテを使います。

こちらは4号のスッテ。

 

このスッテを等間隔に連結します。こちらは8連の仕掛けです。

 

近年では鉛スッテを使うイカメタルに人気があります。エギングなどと同様にルアー感覚で狙え、ゲーム性が高く、かつ、手軽だからでしょう。

今回は写真の8連の仕掛けで狙いました。錘は潮流に合せ選択していきます。今回は70号をメインに使用しました。

 

豊後水道本流域では、潮流は、上げ潮では北西方に、下げ潮では南東方に流れます。流速は速いときで2ノットほど。結構速いです。ボートを浮かべているだけで1時間に2海マイル、約4kmも流されるわけですからね。

干満時刻を見ながら、ポイントへ着けます。パラシュートアンカーでの流し釣りです。

 

沖合には多数の灯火が確認されます。

 

明るいうちは底付近を、日が落ちて、集魚灯の灯火にベイトが集まり始めたら、中層から表層を狙っていくという感じです。

 

外套長20cm程度のものが主体となりました。数はまあまあです。

 

天候次第ですが、今シーズンもケンサキイカ狙いて数回出船できるかなと思います。

 

フロントガラスに低反射シートを貼ってみる。つづき。

こんにちは。

先日紹介した低反射シートの話題です。

夜間航行において、計器類の明かりのフロントガラスへの映り込みを低減するために、低反射シートなるものを張り付けてみました。

 

www.dainihamamaru-saiki-oita.com

 

 

こんな感じです。

少しわかりづらいですが、シート貼り付け範囲の内部は、外部に比べ、映り込みが低減されているのがわかります。

f:id:atum8106:20190803093603p:plain

 

夜間は、写真はうまく撮れなかったので割愛しますが、よりはっきりと違いがわかりました。

参考にしてください。

大型のマアジをSLJ スーパーライトジギングで狙ってみよう。

こんにちは。今回は、大型のマアジを求めてスーパーライトジギングです。

この時期、当地区ではカタクチイワシなどのベイトの大群が内湾に入ってきます。これらベイトにはフィッシュイーターが付いていることが多く、青物をはじめ、底物、真鯛など様々な魚が狙えます。今回はターゲットをマアジに定めチャレンジしてみました。

地形とベイト反応を確認しながら丹念に探っていきます。  

ショアからのアジングでも経験のある方も多いと思いますが、マアジ狙いにおいては、リトリーブの止めの動作、止めからのフォールの動作に魚が反応してくることが多いです。

 

ジギングでも止めとフォールを意識して狙っていきます。

 

そして。

40cmオーバー、良型のマアジでした。50cmオーバーも出ることがあります。

 

真鯛も同じようなところにいました。

 

 

メタルジグはどんなものでもよく反応してくれます。筆者が愛用しているものの1つがこちら。

 

メジャークラフトの製品。タングステン製のため鉛に比べ比重が大きくなっています。より小さなシルエットで深場や潮流の速い場所を探るのに適しています。

 

ベイトの流れ込みとともに狙えるマアジのSLJ釣行の話題でした。

フロントガラスに低反射シートを貼ってみる。

こんにちは。

これから本格的にケンサキイカ釣りシーズンになってきます。ケンサキイカと言えば夜の流し釣り。夏の夜の流し釣りは、夜風に吹かれ涼しく、炎天下の日中の釣りとは一転、快適で趣があります。一方で、夜の暗闇では視界が十分に確保できません。したがって、航行速度を落としたり、見張りを怠らないなど、日中以上に注意が必要です。特に夜間航行では航行時の視界の確保が課題となります。フロントシールド、自動車で言うところのフロントウインドウガラスに魚探や計器類の画面が映り込み、外の状況が確認しづらいなどということがしばしば起こります。

 

そこで、その対策として、以下のようなものを導入してみることにします。

 

 

ガラス面への明かりの映り込みを低減できます。

 

とりあえず、A4版くらいの広さのものをガラス面に張ってみることにしました。

 

効果のほどは?

 

つづく

 

 

 

 

タイラバ釣行。潮が流れない。ベイト反応はまあまああります。

こんにちは。旧暦27日、早朝からの釣行でした。タイラバメインで組み立てます。水温は22℃ほど。下げ潮での釣行。終始上潮は効いていませんでした。ところどころベイト反応が現れます。落とし込みサビキでベイトを確認してみました。

カタクチイワシです。

数箇所回りましたが、ベイト反応はあるものの、本命にはなかなか会えませんでした。

数ポイントめ、ようやく同船者にヒット。

良型の真鯛でした。こちらはベイトの大群に着いていた個体です。

シルエットの小さいタングステン製の鯛玉が功を奏したようです。

 

今日はタイラバに平行してライトジギングも試みましたが全く駄目でした。

潮の状況によってタイラバのほうが有利になることがあるのかもしれません。

釣れる!一つテンヤロッドの代用によるスーパーライトジギング釣行。柔らかい穂先がイイ感じ。タックルセッティングを考えよう。バランスが大事。

 

こんにちは。筆者をはじめ、多くのボートアングラーの皆さんは、これまでにも、30~60gほどのメタルジグを、PE0.8号、リーダー3号などという細めのタックルに合せ行う釣り方を試みたことがあると思います。近年、この釣り方はSLJ、スーパーライトジギングなどと呼ばれ、新たなジャンルとして位置付けられつつあり、各メーカーが商品開発に注力しているところです。筆者も釣りを始めたころからこのようなライトタックルによるジギングをしていました。当時は専用の竿などありませんでしたので、ルアーの重量に適合したロッド、適当なラインキャパシティを持ったスピニングリールを用意し、実釣していたものです。現在でも、筆者は専用ロッドは使用していません。では、どのようなタックルセッティングにしているか紹介します。

 

まずはロッドから。こちらです。

 

シマノの一つテンヤマダイロッドです。この竿、汎用性が高く、一つテンヤマダイ釣りに限らず、ティップランエギングなど他の釣りにも代用できます。ティップが柔軟で食い込みが良く、初期のアタリを逃しません。かつロッド全体には適度な張りがあり、バットからしっかり魚の引きを受け止めてくれます。なんて優秀なのでしょう。

 

次にスピニングリール。こちらも汎用のものを使用します。

シマノ15ツインパワーC3000HGです。PEライン1.0号が300m以上巻けます。実用ドラグ力は3.5kg、最大ドラグ力は9.0kgです。こちらのリールも汎用性が高く、ライトタックルでの釣りには大活躍の逸品です。シマノのWEBサイトによると、番数の頭文字「C」はコンパクトサイズ仕様のことで、スプールの糸巻量は同じで、ボディサイズは1ランク小さいものとなっています。

 

次にライン。メインラインはPEライン0.8号と1.0号のいずれかにしています。0.8号と1.0号の強度差は、一般的には号数の差×20lbs(ポンド)ですので、0.2×20=4lbsとなります。PEラインの標準直径は0.8号が0.153mm、1.0号が0.171mmです。両者の直径差は0.018mmです。僅かな差ではありますが、水深の深い場所や流速が速い場所ではこの差が無視できないほど問題となる場合がありますので、ライン選択は慎重に行う必要があります。細くて強いラインを選択するのが良いというのは自明のことでありますがこれがなかなか難しい。0.8号以下であれば潮の影響は受けにくく、ラインが新品に近い状態であればブリでも十分獲れます。しかし、使用回数が増えていくと、ラインは徐々に傷んでいき、強度的信頼性が低下します。使い古しの0.8号ではちょっと不安、1.0号だと魚の引きに対する不安はないけど、潮流でラインが膨らんで釣りにならないな、というように。トレードオフをどこに持っていくか、これが悩ましいところですね。

 

 

現在筆者が巻いているのはこちらです。

東レのPEラインです。1.0号。強度は16lbs.test。ポンドテスト表記となっています。

 

ショックリーダーはフロロカーボンラインの3.5号としました。標準的な強度は号数×4ですので3.5×4=14lbsですね。

 

それでは、実釣。

早朝からの釣行でした。満潮が8時42分。当日は中潮、月齢17.7、南の風弱く、曇天。潮止まり前の1時間に気持ちを集中させます。海面付近にはクラゲが大量発生していました。海水温が上昇してきているということでしょうか。HONDEX GPS魚探HE-7311と相談しながらポイントを絞り込んでいきます。そして何度かトレースラインを調整し流していくと。

良型の真鯛でした。5kgほど。潮止まり前の捕食のタイミングだったようです。

ライトタックルでも安定して獲れました。ターゲットが真鯛の場合は、このようなライトタックルでも何らの不安はないと思います。これが、大型の青物になると話は別で、やりとりの技術が必要になるなどタックル任せにできない部分が生じます。

 

 

以上、一つテンヤロッドによるSLJスーパーライトジギング釣行の話題でした。軽量タックルで手軽に楽しめ、大物とのやりとりもスリリングな、今後、さらに盛り上がりを見せそうな分野の釣りです。参考にしてください。

プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。
当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。