Club HM Anchor Monitor

ボートフィッシングに関する情報をお届けします。

アウトドア、フィッシングで使用する腕時計のこと。CASIOプロトレックPRW-7000編

こんにちは。一段と冷え込んできました。読者のみなさんは体調管理は大丈夫でしょうか。さて、今日は釣りに使う腕時計のことについて記述していきたいと思います。釣りやアウトドアにおいて、腕時計の使用はもちろん必須ではありませんし、無くて困るという類のものではありませんが、装着していれば、例えば、携帯電話等を取り出す手間が省けるなど、瞬時に時刻等を確認できるという点において、一応の合理性を見出せます。よって、筆者は日常生活でもそうですが、釣りやアウトドアシーンにおいても常に腕時計を装着しています。

 

筆者が使用している腕時計はコレです。CASIO プロトレックPRW-7000。

 

こちらは実物の写真。

視認性は良好です。装着感も悪くありません。操作性については、多機能時計という側面からやむを得ないと思いますが、若干の慣れが必要です。デザインは、同じくCASIOのG-SHOCKシリーズのそれに比べると、このプロトレックシリーズはシンプルなものが多いです。

 

実際に装着してみるとこんな感じになります。

 手首にフィットしています。イイ感じ。

 

暗所でLEDライトを点灯すると次のようになります。暗所でも視認性良好です。

 

多機能と申し上げました。ずいぶんたくさんの機能が搭載されています。主なものを列挙してみます。

・気圧、高度情報表示

・気圧傾向、高度傾向情報表示

・自動水平補正機能付方位計

・タイドグラフ

・月齢表示

・温度計

・ソーラー電波時計

・日の出、日の入り時刻表示

・フィッシングタイム表示(潮汐情報から釣れる時間帯を推測し表示する機能)

・20気圧防水

などなど。

 

このように多機能時計というだけあって多くの機能が搭載されています。 

ただし、取扱説明書の1ページ目の2行目に「専門的な計測機器ではありません」と書かれているとおり、あくまで目安として使用することが前提となっています。1ページ目の2行目って、いきなりですね。早すぎませんか。もう少し夢見させてくださいCASIOさん。

 

実用性という観点から主な機能を検証してみました。

 

まず、気圧、高度測定について。筆者は登山経験がほとんどありませんので、本機の高度計測機能がどの程度実用性があるのかよくわかりません。気圧計測については、上記の写真のとおり、1026hPaを指しています。当日の気圧配置を見てみると、日本海側に1028hPaの高気圧があり、当地区には1010hPaの等圧線がかかっていました。天気図と、本機の計測値には差異があります。これが、誤差の範囲なのかはよくわかりません。それを調べるためには他の気圧計の計測値と見比べてみる必要がありそうです。高度は、地点の気圧と気温から、次式によって算出できます。海面気圧は1.013×10^5Paほどです。計算結果はー100mとなりました。海中やん。

プロトレックの高度計測機能は気圧と気温から、当該地点の高度を相対的に算出していると思われます。このため、かなりの誤差を生じますので、その誤差を都度補正して使用しなければなりません。

 

次に方位計について。一応、それらしい方角は指しているようですが、トレッキングや航海などに直接使用するのは不安です。取扱説明書にも、「本格的な登山などでご使用になるときは、必ず予備のコンパスを携帯してください」と書かれています。おおまかに北はどちらかな、という程度で使用するのが良いと思います。

 

次に、温度計。こちらは、装着時は体温がセンサーに影響を及ぼし、正確な外気温は表示されません。腕から外して、外気に20~30分程度馴染ませるとまあまあの精度で表示されます。でも、腕時計を外して使うなんて、ねぇ。しかも30分も。腕時計ちゃうやん。

 

次にタイドグラフ。こちらも少し残念な感じです。まず、地域ごとの干満時刻を知ることはできません。日本は東京の潮汐のみとなっています。さらに、その日の干満時刻が表示されるわけではなく、簡単に言うと、現在時刻の潮位が小針の指針によって極々大まかに分かる程度です。釣り人は、その日、その場所の干満時刻を知り、それによって釣行計画を立てたいわけですから、この機能は実釣時なんの役に立つのかわかりません。

 

次に時刻補正について。時刻情報の電波を受信し、時刻を自動的に補正しますので、時刻だけは常に正確です。電波を受信できる環境にいる限り、時刻が狂うことはありません。すばらしい。

 

以上、主要な機能の実用性について述べました。本機は例えるなら、多機能型工具のような感覚です。よく、キーホルダーみたいになっているアレです。いろいろ付いていて便利そうだけど、結局、専門の作業には専門の工具がないと話にならないというアレ。精度を担保するためには、専門の計測器具を使いましょう。本機はいわゆるガジェット、玩具感覚で使用する分にはおもしろい時計だと思います。デザインも悪くありません。

 

ちょっと、酷評に近い内容になってしまいましたが、とは言え、常に正確な時刻を表示してくれますし、堅牢に作られていますので、取扱いに気を使うこともありません。筆者はその点は重宝しています。

 

以上、アウトドア、フィッシングで使用する腕時計の話でした。参考にしてください。それでは。

ライトジギング釣行。

こんにちは。気づけば11月も終わり。早いものです。今回はライトジギングです。当日は中潮、旧暦28日、下げ潮での釣行でした。水温は徐々に下がってきました。湾内は20℃ほどで推移しています。湾内では各所に青物の回遊が見られます。

 

今回は、この青物を狙って、ライトジギングを試してみました。

 

朝6時頃出航しました。この時期になると、まだ薄暗さが残っています。

吐く息も白いほどに気温も低下しています。東の水平線上に朝焼けの見えるのは、なんとも壮観な光景です。

 

ポイントに到着しました。水深60mから30mにかけ上がる、岩礁混じりのポイントです。東の風がやや強いものの、釣行に支障はありませんでした。早朝は魚の活性が高く、次々に掛かりました。

 

こちらはヨコスジフエダイです。浅い岩礁帯に生息する魚です。タイラバやジギングの外道として、しばしば見かけます。食性は肉食で、小魚などを捕食しています。

 

 

こちらはブリの幼魚です。ブリは出世魚(うお)といって、その体長によって呼び名が変わります。また、地方によって呼び名が異なります。こちらの地方では、幼魚から成魚の順に、ヤズ、ハマチ、ブリとなります。概ね80cmを超えるものをブリといっています。60cmくらいからハマチです。したがってこちらの魚はヤズといったところでしょう。

 

9時頃まではバイトが続きました。それ以降は、場所によってはナブラの湧くこともありましたが、ヒットには至りませんでした。

 

 

12月以降は、ブリの回遊も見られるようになると思います。地域によっては、カマスの群れが湾内に回遊し、それを追ったブリを防波堤から狙うこともできるようになります。

 

私は12月はボートからライトジギングで寒ブリを狙ってみようと思います。それでは。

タイラバとライトジギング釣行。

こんにちは。徐々に水温が下がってきた当地区です。今回はタイラバとライトジギング。中潮でした。水温21℃。

沖合は台風の影響か、大きめのうねりが入っていました。

湾内を攻略してみます。

タイラバはこんな感じ。極めてオーソドックスにいきます。
f:id:atum8106:20191109160946j:plain


ライトジギングはこちら。メジャークラフトのメタルジグを使用します。
f:id:atum8106:20191109161129j:plain


干潮、潮止まり付近から始めました。
f:id:atum8106:20191109161411j:plain
マゴチです。


f:id:atum8106:20191109161552j:plain
イトヨリダイ。


f:id:atum8106:20191109161649j:plain
サゴシ。サワラの幼魚ですね。

湾内では、他のポイントでもサゴシが確認されています。

これから更に水温が下がって、冬の釣り物に移っていきます。

涼しくなってきた。ティップランエギング釣行。

こんにちは。台風19号で被災された方には心よりお見舞い申し上げます。
さて今回は、船からのエギング、いわゆるティップランエギングで出船してきました。狙いはもちろんアオリイカ。秋も深まり、過ごしやすい日々が続いています。そろそろアオリイカの新子も食べごろサイズ、釣り頃サイズとなってきていることでしょう。
旧暦、16日、でした。水温は23℃ほど。港にほど近いポイントで流してみました。

砂泥地から岩礁エリアに地形が変わるポイントを狙っていきます。

アオリイカは、秋の活性の高い時期は、比較的容易に釣ることができます。


水深は数メートルから20m前後までのポイントでした。サイズは500gほど。アオリイカ独特のあの引きを楽しめました。

アオリイカは一潮毎にどんどん大きくなっていきます。これからまさにハイシーズンを迎えます。しばらく楽しめそうですね。
それでは。

タイラバとスーパーライトジギング釣行。ナブラに翻弄される。

こんにちは。少し時間ができたので午後のショートフィッシングです。旧暦9月1日。当日は大潮。水温は24℃程度で推移していました。秋めいた風。アオリイカシーズンも始まりつつあります。過ごしやすい昼下がり、穏やかな海に浮かんでいるだけで、なんだか心は満たされていきます。そんな中、今日はタイラバとスーパーライトジギングで流してみました。干潮からスタート。しばらく潮は緩んでいました。夕刻、潮が少しだけ効き始め、にわかに海面は騒がしくなってきました。魚探画面には表層から中層にかけてベイトフィッシュらしき反応が映し出されていました。そしてヒット。f:id:atum8106:20191001210352j:plain
サワラの幼魚、サゴシです。歯が鋭い。多くは中層でバイトしてきました。水深40m、底から20mほどで当たります。周辺ではナブラも湧いていましたがナブラに投げ込んでもヒットせず。今日のナブラ打ちはうまくいきませんでした。

さて、今後は秋も深まり、アオリイカのおもしろい季節になってくると思います。ティップラン釣行なども試してみたいと思います。それでは。

15ツインパワーC3000 リトリーブ時シャーシャー音がでる。ラインローラーの交換。

こんにちは。

筆者愛用のシマノのスピニングリール、ツインパワーC3000。

 

機能上は特段の問題はないのですが、このところ、リトリーブ時に「シャーーーー」と異音がしていました。ラインローラーにラインを掛けていない状態では音は出ないため、発生源はラインローラーのようです。洗浄、注油では症状は改善されなかったため、ラインローラーを新品に交換しました。

 

 

 

新品のラインローラーです。

 

トルクスドライバを使用して、既設のラインローラを外し、新品に交換します。

 

 

トルクスドライバです。ラインローラのトルクスネジはT8です。

 

 

交換完了。あ、見た目は交換前と全く同じですね。

 

 

これでシャーシャー音はめでたく解消されました。

 

基本のロープワーク。巻き結び、クローブヒッチ編

こんにちは。台風13号レンレンちゃん。当地区には大きな影響はなく一安心。同15号は本州方面へ針路をとっています。要注意ですね。

 

さて、今日は基本のロープワーク、ロープの結び方を紹介します。

今日紹介する結び方は、巻き結びです。クローブヒッチ、クラブヒッチとも言います。

ボートに限らず、登山やキャンプ、日常生活においても何かと使える結びです。ぜひ覚えておきましょう。とても簡単です。

 

二通りほど結び方を紹介します。

まず、一つ目の結び方。これは結ぶ対象物が横向きの時の例です。

 

対象物にロープを掛けます。

 

 

上からクロスさせて。

 

 

ここから抜く。

 

締めたら完成。簡単ですね。

 

 

二つ目の結び方。対象物が縦向きのときはこのようにします。

 

輪っかを作って。

 

対象物に掛ける。

 

 

もう一度輪っかを作って。

 

対象物に掛ける。

 

 

締めたら完成。二本のロープの上に一本のロープがクロスするように掛かっていれば正しい巻き結びの完成です。

 

 

 

 

 

ロープだけに注目してみるとこのようになっています。

二つの輪っかを下のように作る。

 

右の輪っかを左の輪っかの上に重ねる。この穴に対象物を掛けて締めれば同じく巻き結びの完成です。

 

本編はここまでです。

 

 ここからは余談ですが、「真結び」の話をします。読者の皆さんも普段何気なく真結びを用いて結ぶことがあると思います。

 

真結びというと「本結び」を指すと思いますが、「縦結び」と混同されていることがあるようです。

 

 

上が本結び、下が縦結びです。

 

 本結び。

 

 

縦結び。

 

 

縦結びは、締め込むと下記のような形状になります。一般に結び目が不安定で解けやすいとされています。読者の皆さんも、自分の「真結び」がどのように結ばれているか確認してみてはいかがでしょうか。

 

以上、基本のロープワークの話題でした。

 

以下の過去記事も参考にどうぞ。

 

www.dainihamamaru-saiki-oita.com

 

 

www.dainihamamaru-saiki-oita.com

 

 

www.dainihamamaru-saiki-oita.com

 

プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。
当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。