第二はま丸釣行日誌

ボートフィッシングに関する情報をお届けします。

台風7号。ボートの時化つなぎ。

こんにちは。台風7号が去りました。再び蒸し暑い天気に戻ります。

 

台風7号は九州の西側を通過していきました。台風が西側を通過するときは、佐伯湾では南寄りの風が強くなります。私の船は北向きに係留しています。バウが北で岸壁側、スターンが南です。南風は大敵です。係留している岸壁に打ち付ける向きに吹くのです。岸壁とバウの干渉を避けるため、スターン側の対岸からロープをとり、スターン側のクリートに結びます。これで船が後ろから風で押されても岸壁にぶつかるのを防ぐことができます。ロープには若干の遊びがあって、バネのように衝撃を吸収してくれます。これが荒天時には大変有効です。

 

あと、荒天時には次のようにしています。

 

イケスを開放します。ヤマハYF-23EXのイケス容量は140リットルです。重心を低くしてローリングを少しでも軽減するため有効と思われます。バラスト水の役割ですね。それから、同じくバラスト水の役割として、20リットルタンクに水を入れて積みます。

 

オーニングを外します。強風で破損する恐れがありますし、空気の抵抗を減らしたほうが強風の影響を軽減できると思われます。

 

ハッチ類に施錠します。イケスハッチや物入れのハッチなど、蓋類には施錠して固定しておいたほうが良いと思います。万が一、強風で浮き上がると破損するかもしれません。

 

バウフェンダーを追加します。ステムにもフェンダーを付けておきます。ステムは満潮時岸壁と干渉する恐れが僅かながらあるためです。

 

上記のように荒天対策を施して、台風をやり過ごすという具合です。

ちなみに南風(みなみかぜ)のことをこちらでは「まじ」と言います。

 

「まじ」が吹いたら要注意なのです。

 

台風7号が去ったと思ったら、南東の洋上に台風8号が発生しました。

被害がなければいいですね。

それでは。

プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。
当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。