佐伯湾 第二はま丸 釣行日誌

大分県佐伯湾のボートフィッシングに関する情報をお届けします。たまにはコアな情報もチラリと流したいと思います。お楽しみにどうぞ。

今週はお休みがいっぱい!!佐伯湾第二はま丸

 

 

みなさんこんにちは。第二はま丸です。

釣り人私の釣り中心の一週間を紹介します。

 

月曜日はとりあえず仕事をします。先週の釣行を振り返りながら。

 

火曜日は仕事はしつつもチラッと週末の週間天気と潮回りを確認。ほかの釣り人と先週の釣行についての情報交換をします。ポイントはどこ?水深は?どのくらい釣れた?潮回りは?風は?波は?など。

 

そして水曜日。週末の天気が概ねはっきりと判明してきます。具体的な釣行計画を考えます。水曜日くらいからは頭の中の半分は週末の釣行のこと。

 

木曜日。ほかの釣り人と情報交換。週末は出るのか?出ないのか?狙う魚種は?誰と行く?同行者は?釣れている場所。など。頭の中の三分の二くらいは釣りのこと。 

 

金曜日。土曜日出航予定の場合は、金曜日の夜に準備します。タックルの準備、燃料の準備、フラッシング用の水タンクの準備、全ての準備を万端にしておきます。頭の中はほぼほぼ釣りのことでいっぱい。

 

そしていよいよ土曜日。早朝から出船。いざ参らん!という感じですね。

 

釣行計画を考えているとき、わくわくしますね!

いざ出航という瞬間もわくわくします!

そしてポイントに到着しての第一投もわくわくします!

 

 

釣りは本当にワクワク満載の趣味です。

釣果が伴えば喜びもひとしお。釣果が伴わなくても、次回はどうするかとその日の反省点を次の釣行につなげていきます。

 

さて、今週ですが、木曜日は祝日でお休み、土、日もお休みと三日もお休みがありますね。

 

いずれかの日で釣行日程を調整したいと思います。

また、気まぐれに釣果報告します。

 

終わりに今日の写真です。過去の釣果を掲載しました。

大型とまではいきませんが、2kgオーバーのヒラメ。

釣ったというか、正確には一つテンヤ真鯛釣りをしていたところ、エソが掛かったのですが、なんとそのエソをこいつが丸のみにしてしまったのです。そして驚くべきことに、針掛かりしていない。慎重に寄せてネットイン。めでたくゲットできました。ネットインするまで咥えたエソを放しませんでした。貪欲なやつですね。それかエソが大きすぎて吐き出すに吐き出せなかったのかその辺は不明ですが。

 

時折、こういった意外なゲスト魚で楽しめるのも釣りの面白いところであります。

 

では。

 

 

ペラ損傷&即交換 ヤマハF115A 純正プロペラ 第二はま丸 

 

こんにちは。第二はま丸船長です。

船外機の発電量のことについては、まだ実験できていないので、次回以降にします。

 

先日の釣行のことですが、ペラを流木か何かにあててしまいまして、こんなことになりました。

 

 

けっこう曲がってしまっています。

こんなに曲がってしまいましたが、航行に支障はありませんでした。

流木か何かと書きましたが、なんと、私自身、帰港するまで気づきませんでした。

船速も明らかな変化はなく、振動等の異常も感じませんでした。

 ところが帰って見てみるとこれです。

水中の障害物はなかなか防ぎようがないのが現実と思います。万が一ペラを損傷しても、予備のペラを準備しておくなど、自分で対応できるようにしておかなければなりません。

 

ドライブには異常はありませんでした。

アルミのペラです。

帰港後すぐに交換手配しました。

 損傷したペラは、緊急時には使えそうですので、予備としてとっておきたいと思います。

 

アルミ以外の材質ではステンレス製のものがあります。アルミより2倍以上高価なものとなっています。ステンレスはアルミよりも強度、耐候性に優れるものです。

 

ただ、強度が高いから良いということにもなりません。今回の損傷の例で考えると、アルミのペラだったからドライブ系統まで損傷が及ばなかったとも言えます。その辺を考えて慎重に選択する必要があります。

 

船外機オルタネータの発電量 ヤマハF115A船外機 その2

こんにちは第二はま丸です。

先日の話の続きになります。

船外機オルタネータの発電量を調べようと思っております。

 

どうやって調べるか。

 

まずはメーカーさんに問い合わせてみました。

 

すると、最大で25アンペア発電できます。エンジンの回転域に応じた発電量は提供できる資料がありません。とのことでした。

 

ということで、メーカーさんからは有効な回答が得られませんでしたの

で自分で実験してみたいと思います。

 

直流電流を計測するにはどうしたらよいかと調べてみました。

 

するとこのようなものがあります。

 

クランプメーター

 

これを直流回路の途中に挟み込んで電流を計測することができます。

一般的に電流を計測する場合、回路の一部に電流計を繋いで計測することになります。が、このクランプメーターを使うことで、回路を切断することなく、計測することができます。

なお、写真のクランプメーターは交流しか対応していません。オルタネータは直流ですので直流に対応したクランプメーターを用意する必要があります。

 

それではこのクランプメーターを使用して、実際に電流を計測してみたいと思います。

 

続く

船外機オルタネータの発電量 ヤマハF115A船外機 その1

みなさんこんにちは。第二はま丸船長です。エギング日和が続いている佐伯湾ですがいかがお過ごしでしょうか。

 

今日は、船外機のオルタネータの発電量についてです。

 

私のヤマハYF-23EXはヤマハF115Aを載せた船外機艇です。ガソリン船外機艇ですので、ディーゼルエンジンと比べると発電量はかなり劣ります。具体的に言うと、同出力程度のディーゼル船内外機の例では、50~60アンペア程度の発電量と思います。

 

そして私のヤマハF115A船外機の仕様緒元を確認すると、発電出力は25アンペアとなっていました。ディーゼル船内外機に比べるとその発電量の差は歴然たるものです。

 

そしてこのことは載せられる電装部品に影響してきます。

 

また、25Aというのは最大出力ですので、アイドリング時にはもっともっと少ない発電量であるに違いありません。

 

みなさんは自分の主機がアイドリング時にどの程度発電しているか把握していますか。アイドリング時の発電量を調べておくことは割と重要なことです。

 

例えば、単純な例で考えて、60WのLED集魚灯を一つ装備したとします。バッテリーの定格電圧が12Vとすると、消費電流は60÷12=5、よって、5Aの電流を消費することになります。

 

アイドリング時に5A以上発電していなければ電力収支はマイナスです。バッテリーの電圧が徐々に下がってしまうことになります。

 

つまり、夜釣りのケンサキイカ釣りに行きました→ポイントに着きました→パラシュートアンカーを入れ集魚灯を灯火しました→電力収支がマイナスになっていることに気付かずに釣りを続けます→数時間経ちました→なんらかの原因でエンストしました→スタータバッテリーの電圧が低下してスタータモータが回らない=エンジンがかからない→漂流

 

極端な例ですが、こういうことになりかねません。

 

アイドリング時の発電量を把握しておくことで、電装の限界を知ることができ、その主機の発電量が自分の釣りのスタイルに合致しているか判断することができると思います。

 

例えば、F115A船外機では、夜釣りで眩いばかりの集魚灯を煌々と焚いて釣りをするというのは無理です。別に発電機を用意するか、大容量のサブバッテリーを用意して釣りの度に充電しておくか、あるいは潔くそのような釣り方を諦めるか、ということになります。

 

では、どうやってアイドリング時の発電量を把握するか?

 

次回に続きます。

ボートエギング出船 アオリイカ狙い。 ティップランもあり。 ヤマハYF-23EX

みなさんこんにちは。第二はま丸船長です。三連休も終わりましたね。みなさん三連休はどのように過ごしましたでしょうか。こちらのほうは三連休は好天に恵まれ、土曜日は若干荒れましたが、過ごしやすい日々でした。出漁した人も多いのではないしょうか。

 

さて、第二はま丸ですが、予告通り、アオリイカを狙って釣行してきました。

 

11月5日(日)の釣行です。昨日の夜更けまで波浪注意報が出ていました。

今日は注意報は解除されていましたが、若干昨日からの風波が継続している感じで、湾内のポイントを回ったのですが、風表のポイントは波高が1m~高い時で1.5m程度ありました。6時出航、11時帰港というスケジュールでした。今日は旧暦9月17日、月齢16.3、大潮6、長島での満潮時刻は7時48分、概ね下げ潮での釣行となります。

 

湾内のポイントで、下げ潮で潮流のあたる島礁際を攻めていきます。水深はごく浅く5m~15mライン。釣行開始が6時30分頃でした。数ポイント攻めてみましたが、潮どまり付近までアタリがありませんでした。

 

そして、潮変わり付近の8時30分頃からバタバタとつれ始めました。9時過ぎくらいまで流しては釣れ、流しては釣れというのが続きました。

 

その後10時くらいからはアタリが遠のき、他のポイントに入ってみましたが、釣果はありませんでした。

 

今日の結果。

潮のあたり具合、水深ともによいポイントに入ることができ、短時間で効率よく釣ることができたと思います。平均300グラム程度。最大で350グラムでした。11月初旬ですのでサイズはこんなもんでしょうか。

 

今日はメインはティップランエギングでした。風が比較的強かったのと、潮も割と流れていたのでティップランには最適のコンディションでした。

 

ところで、実は11月3日(金)もアオリイカ釣りに行っていました。

船長含め4人での釣行でした。この日は午後から出船しました。旧暦9月15日です。13時頃から出船しました。12時25分干潮でしたので、上げ潮での釣行となります。結果は激渋。本命のアオリイカはほとんど釣れず、コウイカが少し。

 

いい潮の流れをつかむことができなかったのが原因かと思います。やはり潮流を読んで、ベイトの付くところをピンポイントに攻めていかなければなかなか結果は出せません。上げ潮、下げ潮で狙うポイントが大きく変わってくるものと思います。その辺のデータを蓄積していって、結果に繋げていく必要がありそうです。

 

同じ大潮回りの釣行でも、狙うポイントと、上げ潮、下げ潮でかなり釣果が変わってくるものだなと思いました。その時の状況に応じて、攻める場所を読むというのがとても重要と感じています。

 

 

 

 

三連休はボートエギング出船か 第二はま丸

みなさんこんにちは。第二はま丸です。佐伯湾は2週間連続の台風接近に見舞われ、出船できない日々が続いておりました。そして、気付けば11月。朝夕はだいぶ冷え込んできましたね。日中は過ごしやすい気温と湿度です。

 

さて、2週間出船しておりませんが、今週末は三連休ですね。天気も穏やかな予報ですので釣行には絶好のチャンスと思われます。アオリイカの調査がてら、近場を流してみようかなと考えています。種目はボートエギング掛かり釣り編。

 

ところで、最近はティップランエギングが流行しています。

 

ティップランエギングとは、通常のエギよりシンカーの重さが重く、深場を狙いやすい、ボートでのエギングに特化したスタイルの釣りです。ロッドのティップの変化でアタリをとって、イカを掛けていきます。

 

深場でのアオリイカ釣りはに関しては、従前より、中錘を使用したエギ釣りがあります。しかし、中錘を使うため、どうしてもダイレクトにアタリが伝わりにくく、イカ釣りの醍醐味とも言える積極的にアタリをとりに行くような攻めの釣りをするのが困難でした。具体的な状況としては、中錘の仕掛けでは、竿をしゃくったときに始めてズシンとアオリイカの鈍重な重みが伝わり、そのあとジェット噴射による引きを感じるという状況がほとんどかと思います。あ、釣れちゃった。という感じです。(個人的には、スカッ、スカッとしゃっくているときに、ある時突然ズシンと重みが伝わるのは結構な快感ではあるのですが。これはこれで面白い。)

 

深場でのアオリイカ釣りにおいて、上記の状況を改善し、アタリ取りたい病の人の欲求不満を満たすことに成功したとも言えるのがこのティップランエギングです。ティップランエギングの登場で、ボートエギングのゲーム性、面白さ、奥深さが広がったと言っても過言ではありません。

 

と、ティップランの面白さを記述させていただきましたが、今回、第二はま丸はティップランではなく、浅場に錨泊若しくはドテラ流しによる通常のエギングで狙ってみようと思っています。この時期、アオリイカは浅いところにたくさんいますからね。

 

この三連休は、蒲江方面でも知り合いのかたが出船するようですので、蒲江と佐伯の釣果情報の違いについて報告できればと思います。

 

それでは。

 

エギングタックルメモリアル SHIMANO Sephia CI4(シマノ セフィア)C3000S編  佐伯湾第二はま丸

皆さんこんにちは。第二はま丸船長です。佐伯湾ですが、ここ二週間連続で台風が接近しています。従って、今週末も出船は見合わせました。今回の台風22号は直接は佐伯市に影響はなさそうな情勢ではあります。油断はできませんけれども。

 

マリーナさんのアドバイスもあり、今回は台風ドックはしていません。

 

先日エギング釣行してきた話題に関連して、今日はエギングタックルについての話題です。

 

エギンガーのみなさんはそれぞれ拘りを持って、あるいはいろいろと試行錯誤を重ねながら、タックルについての方向性を定めていることと思います。またはその途上にあり、答えを模索しているという人も多いのではないでしょうか。

 

私の中で一つの答えとなっていることがあります。それはタックルの絶対的な軽さとタックルの重心位置です。

 

エギングはイカが掛かるのを待つ釣りというよりは、イカをこちらから能動的に掛けに行く釣りです。その能動性・積極性を担保するために道具の軽さというのはどうしても必要不可欠な条件となります。道具の軽さは感度の良さに直結していきます。エギに受ける微妙な潮流の変化、エギが着底したときの感触の違いによる底質の状況の把握、イカがエギに触れた感触など、これらを鮮明に伝達するためには、道具の軽さが重要なファクターとなってきます。

 

そして、タックルの軽さと同時に重要なのが、タックルの重心位置です。この重心というのが非常に重要でして、いくら軽いタックルを使っても重心位置が竿をグリップする位置からずれてしまうと、持ち重り感が出てしまい、タックルの軽さを十分に生かすことができなくなります。竿をグリップする位置で重心がとれるようなタックル設定にすることがとても重要です。

 

上記の条件を満たしてくれる、私が長年愛用しているエギング用のリールがこちら。

SHIMANO Sephia CI4 シマノセフィアCI4  C3000S。

自重 190グラム。

 

CI4とはなんぞやということになると思います。

取扱説明書を引用すると、C:Carbon(カーボン)、I:Interfusion(混合)、4:カーボン原子の価電子数を略したもの、すなわちカーボン繊維で強化した新材料の名称です、とあります。

 

シマノさんは主に、バイシクルコンポーネント事業、釣具事業を展開されており、2017年6月末現在のファクトシートによると、連結売上高構成比は自転車部品部門が79.2%、釣具部門20.7%となっていました。

 

2003年からロードレース用自転車パーツの最高峰「デュラエース」のギア部分にこのカーボン新素材を採用しており、軽さと耐久性能の実績を高く評価されているということです。(取扱説明書より)

 

そして、自転車部品に採用された技術が釣具にも生かされています。

 

このカーボン新素材がセフィアのボディ、ローターに採用されており、従来のリールに比べて、大幅な軽量化が図られ、自重190グラムを実現しています。

 

なお、現在、このモデルは、2017NEW セフィア CI4+となっております。CI4の軽さはそのままに強度をさらに向上させたCI4+をボディ、ローター、ハンドルに採用しています。自重は185グラムまで軽量化されました。

 

他社のエギング用リールを見てみると、現在でも軽いもので自重は概ね205グラムとなっています。

 

従って、セフィアCI4の軽さは群を抜いていると言っていいでしょう。

この軽さが私の中で、エギングの繊細さ、面白さを増長させ、エキサイティングな釣りにしてくれているのは紛れもない事実であります。

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。
当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。