佐伯湾 第二はま丸 釣行日誌

大分県佐伯湾のボートフィッシングに関する情報をお届けします。たまにはコアな情報もチラリと流したいと思います。お楽しみにどうぞ。

三連休はボートエギング出船か 第二はま丸

みなさんこんにちは。第二はま丸です。佐伯湾は2週間連続の台風接近に見舞われ、出船できない日々が続いておりました。そして、気付けば11月。朝夕はだいぶ冷え込んできましたね。日中は過ごしやすい気温と湿度です。

 

さて、2週間出船しておりませんが、今週末は三連休ですね。天気も穏やかな予報ですので釣行には絶好のチャンスと思われます。アオリイカの調査がてら、近場を流してみようかなと考えています。種目はボートエギング掛かり釣り編。

 

ところで、最近はティップランエギングが流行しています。

 

ティップランエギングとは、通常のエギよりシンカーの重さが重く、深場を狙いやすい、ボートでのエギングに特化したスタイルの釣りです。ロッドのティップの変化でアタリをとって、イカを掛けていきます。

 

深場でのアオリイカ釣りはに関しては、従前より、中錘を使用したエギ釣りがあります。しかし、中錘を使うため、どうしてもダイレクトにアタリが伝わりにくく、イカ釣りの醍醐味とも言える積極的にアタリをとりに行くような攻めの釣りをするのが困難でした。具体的な状況としては、中錘の仕掛けでは、竿をしゃくったときに始めてズシンとアオリイカの鈍重な重みが伝わり、そのあとジェット噴射による引きを感じるという状況がほとんどかと思います。あ、釣れちゃった。という感じです。(個人的には、スカッ、スカッとしゃっくているときに、ある時突然ズシンと重みが伝わるのは結構な快感ではあるのですが。これはこれで面白い。)

 

深場でのアオリイカ釣りにおいて、上記の状況を改善し、アタリ取りたい病の人の欲求不満を満たすことに成功したとも言えるのがこのティップランエギングです。ティップランエギングの登場で、ボートエギングのゲーム性、面白さ、奥深さが広がったと言っても過言ではありません。

 

と、ティップランの面白さを記述させていただきましたが、今回、第二はま丸はティップランではなく、浅場に錨泊若しくはドテラ流しによる通常のエギングで狙ってみようと思っています。この時期、アオリイカは浅いところにたくさんいますからね。

 

この三連休は、蒲江方面でも知り合いのかたが出船するようですので、蒲江と佐伯の釣果情報の違いについて報告できればと思います。

 

それでは。

 

プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。
当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。