佐伯湾 第二はま丸 釣行日誌

大分県佐伯湾のボートフィッシングに関する情報をお届けします。たまにはコアな情報もチラリと流したいと思います。お楽しみにどうぞ。

のんびり釣行 ビシアジ釣り 佐伯湾 第二はま丸 ヤマハYF-23EX

9月30日(土)5時出航。

今日は、佐伯湾でアジ狙いのつもりで釣行してきました。

アジ狙いのつもりで...

 

秋も深まり日の出の時間も下がってきました。

朝5時はまだ暗いです。こんな感じ。f:id:atum8106:20171001094307j:plain

台風後の漂流物はもうありません。

 

朝夕と涼しい日が続きます。

特に朝方は肌寒いくらいです。

 

当日は若潮、干潮時刻8時50分。旧暦8月11日。

海上は北西の風がやや強く、若干波が高かったです。

 

そんな中、鶴見沖でポイント選定。6時くらいから釣り開始。

アジは、群れが入っていれば結構釣れるイメージなんですが、今日はうまく群れを見つけられませんでした。

地形を確認しながら、岩礁に潮流が当たって湧昇となりそうなポイントを探します。

 

今日のタックルは、いわゆる、ビシアジ釣りの仕掛けに準じたものとなります。

 

ロッドはシマノSEAWING73。リールはシマノPREMIO3000。

ビシアジ釣りの仕掛けをセット。コマセカゴにコマセを入れて、付けエサを付けて、投入。

 

タナまでコマセカゴを下ろし、タナからハリス分だけラインを巻き取り、コマセを振り出す。そしてアタリを待つ。基本的にはこの繰り返しになります。

 

コマセはアミエビ。今日はアミエビにオキアミを混ぜて使用してみました。

 

つけえさはオキアミを使いました。

 

そして、アタリを待つ。

 

アタリを待つ...

 

アタリを待ーつ!

 

魚信なし。

 

なんも釣れません。

 

時々、ポイントを入れ直して、再度ルーティーンを繰り返します。

 

しかし、アタリナシ。

 

周りの船もほとんど釣れてませんでした。

 

 

 

そんな中。ようやく顔を見せてくれたのは。

真鯛。船上で撮り忘れました。

 

しかし、その後続きません。

 

またまた、ポイント入れ直し。

そして、

 

黒鯛。

 

しかしこの後も続かず。

 

ポイント入れ直し。

 

そして、

 

 

 

イトヨリダイ。

で、また、この後も続かず。

 

潮が緩んでくると、なぜか回収中にエソが食ってきます。

鯛ラバじゃないんですけどー。

 

その後もいまいちでした。

やっと、本命にめぐり合わせましたが、

県南では、小アジのことをゼンゴと言います。

ゼンゴのみの釣果でした。

 

釣果はぱっとしませんでしたが、佐伯湾は当日も美しかったです。

13時30分納竿としました。

 

終始、あまり潮が効いておりませんでした。

ポイント選定はそんなに悪くなかったと思いますが、残念ながら釣果には結び付きませんでした。

 

 

 

そして、真鯛は造りにしてみました。

ビールが進む進むー。

 

こんな日もあります。また、次回、ということで。

 

プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。
当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。