佐伯湾 第二はま丸 釣行日誌

大分県佐伯湾のボートフィッシングに関する情報をお届けします。たまにはコアな情報もチラリと流したいと思います。お楽しみにどうぞ。

アジングロッドでティップランエギングはできるのか。そして、アオリイカは釣れるのか。検証編その3 佐伯湾第二はま丸

こんにちは。第二はま丸です。

前回に引き続きアジングロッドでティップランの話です。

先日ジギング釣行してきました。

そして、アジングロッドでのティップランエギングを試してきました。

当日は大潮、9時30分から12時までの釣行でした。釣果は残念ながら得られませんでした。

 アジングロッドをティップランエギングに流用の件ですが、フィーリングとしてはできないことはないが、やはり専用ロッドのほうがやりやすいなという感想です。慣れで克服できるレベルではあるかもしれません。

 

どうしてもアジングロッドは軽いジグヘッド等を扱う竿ですので、ティップラン用のエギを扱うには若干パワーが足りない印象でした。

 

エギのアクションもできないことはありません。これもやはりもう少し張りが欲しいなというところでした。これも、慣れと思います。

 

感度は問題ありません。ティップの動きも明確に出ます。よって、目感度、手感度ともに良好という印象でした。

 

今回はアオリイカをゲットできませんでしたが、時間があれば、釣行を重ねもう少し研究してみたいと思います。

 

全体としては、華奢なタックルなので通常より慎重に取り扱えば流用できなくはないという印象でした。皆さんも実際に試してみるときは注意してください。

 

余談ですがメインラインはPE0.4号を使いました。これは非常にイイです。潮の影響を受けにくいというのは確かでした。根掛かりしたときに無事に回収できるかという点でのトレードオフの問題にはなってくると思いますが、根掛かりしないように慎重にやる分には0.4号のメリットは大きいと感じました。

 

佐伯湾ですが、この頃は北風が吹き荒れる日が多くなり、出航できる日も少なくなっています。

 

これからも引き続き冬物狙いを続けて行きたいと思います。

 

それでは。

プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。
当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。