第二はま丸釣行日誌

ボートフィッシングに関する情報をお届けします。

3つ打ちロープの端末処理応用編。ロープとロープの接続について。佐伯湾第二はま丸

 

 

 

こんにちは。第二はま丸です。

 

今日は先般のロープの端末処理の応用編、ロープとロープの接続方法を解説します。

ロープとロープを編み込みで接続すると、結び目を作ることなく接続できます。

係留施設での常設アンカーへの係留方法、所謂、行ってこい方式の係留など、ロープをループさせる場合など、この編み込みによるロープ接続を行います。編み込みを行えば、解けることはまずありません。非常に強力な接続方法です。ロープを延長したいときなどもこの方法で接続し延長できます。また、太さの異なるロープ同士を接続することも可能となります。

 

それではそのやり方。

 

まず、前回同様、接続するロープをある程度バラします。

先端は解けないようにテープで養生しておきます。

根本もテープで留めておくとやりやすいです。

 

次にこの写真のようにロープを交互に交差させます。

 

上から撮影しました。

双方のロープが交互に交差しているのがわかります。

 

 

交差させたら、色付きロープから編み込んでいきたいと思います。

白いロープは下のようにテープで仮止めしておくとやりやすいです。

 

ここからは端末処理の手順と同じです。

一本飛ばして、次のロープの下をくぐらせます。

 

 

同様に一個飛ばして、を繰り返していきます。

片側の編み込みが完了しました。

 

反対側も同様に編み込んでいきます。

完成しました。

慣れれば、比較的簡単にできるようになると思います。

 

端末処理の方法は以前の記事で紹介しました。

こちらを参考にしてください。

 

www.dainihamamaru-saiki-oita.com

 

 

プライバシーポリシー
当サイトに掲載されている広告について
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。
当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。